本文へスキップ

SEO支援機構は、御社の売上げ倍増に貢献する、真のマーケティング会社です。

TEL. 03-3896-1933

〒123-0841 東京都足立区西新井6-18-17旭ビル3F

上位表示は当然。 売れる仕組みを創る

SEO支援機構。Webマーケティングの新しい視点。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、頭文字をとってSEOと呼ばれています。 Search Engine Optimization、日本語では「検索エンジン最適化」と言います。
私達は、SEOを一つの糸口としつつ、ビジネスの未来を見通したいと思っています。
このサイトは、同じ思いを抱く人が集う場でもあります。商売の上で実戦略を立てるヒントを、得ることが
多いかとも思われます。

どんな人たちがこのサイトを必要とするのか?


  • 低リスクでSEOを始めたい
  • WEBサイトから売上を上げたい
  • アクセス数を増やしたい
  • 費用対効果の高いサービスを導入したい
  • しっかり上位表時させたい

SEO、知らなければ損をする

SEOの成否はサイト公開までに半分は決まります。
検索エンジン最適化(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)はある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のことです。
SEOとは本来「Search Engine Optimization = 検索エンジン最適化」の略称が示す通りサイトのコンテンツ・テーマ・構造を検索エンジンに適切に伝達する作業であるはずです。その範囲はキーワードの選定からドメインの取得、ディレクトリ設計などサイト制作時にしか対応できないものも多数含まれます。
サイト企画〜制作の段階で万が一この点をおろそかにしてしまうといざ対策を開始しようとした時にWEBサイトが全く適切な状態になっていない( = 最悪の場合作り直し)となってしまうのです。結果として本来容易に上位表示できたはずのキーワードですら検索結果に現れず、膨大な機会損失を生むこととなります。


パーソナライズド検索(Personalized Search)とは、Googleで導入されている検索機能のひとつで、検索主体に合わせて検索結果画面をカスタマイズしようという試みです。代表例はアクセス地域によるカスタマイズでしょう。例えば渋谷にいる人が「ラーメン」と検索した時には渋谷周辺のラーメン屋を優先的に上位表示します。更にブラウザのキャッシュやGoogleアカウントの検索履歴を参照して良くアクセスするページを上位に配置します。
さらに近年、Yahoo!Japanも訪問履歴があるサイトを上位に表示する独自のパーソナライズを搭載しています。
ここ最近のパーソナライズド化の促進から推測するに、Googleが100人100通りの検索結果を用意してユーザーの満足度を高めたいと考えているのは間違いないでしょう。では、それによってSEOは無意味なものになってしまうのか?答えはノーです。理由を列挙しましょう。
1.Googleアカウントにログインしていないユーザーには、無効なものが多い
2.現状影響は軽微、非パーソナライズ状態でのピュアな順位が基本
実はパーソナライズされた結果が1ページ目に締める割合は2〜3割に限定されている、ということです。Googleは検索結果画面にユーザーの意図と反する結果を含ませて(例えば商品名で検索した時にネガティブ評価を記したブログ記事)、ユーザーに多様な情報を提供しよう、という思想も持ちあわせています。このため、検索結果画面を100%パーソナライズすることはありえません。常にベースとなる順位(パーソナライズされていないピュアな順位)は存在し続け、その中で上位表示を狙うことの価値は今後も変わりません。
パーソナライズド検索によってマルチキーワードにチャンスが生まれる
前述の「ラーメン」の例ですと、店舗が複数あるサイトが「ラーメン 渋谷」で対策していた場合、渋谷在住のユーザーが「ラーメン」というシングル、ビッグキーワードで検索した際に上位表示する、という現象が想定されます。特にスマートフォンではこの傾向が顕著になるでしょう。こういった観点から、Googleのパーソナライズド化によってむしろ恩恵を受けることもあるのです。
パーソナライズを「OFF」してピュアな順位を確認する方法
まず、ブラウザはGoogle Chromeを用い、シークレットモード(「Ctrl+Shift+N」で開きます)を使います。
一度任意のキーワードで検索を行った後、表示されるURL末尾に「&pws=0」を記述する事で可能です。さらにGoogle Chromeをご利用の場合は「オプション」→「個人設定」→「検索エンジンの管理」にて、以下のようにURLを設定したものをデフォルトとすることで、URL表示窓での検索が標準でパーソナライズドOFFの状態になります。
http://www.google.co.jp/search?q=%s&pws=0
※「&pws=0」を付与してもGoogleアカウントログイン中はパーソナライズされます。


バーティカル検索(Vertical Search)とは、Googleで導入されている検索機能のひとつで、ユーザーが検索対象を始めから特定の分野に絞り込むことができる、というものです。例えばお気に入りのグラビアアイドル名で検索した時に、「アイドル名 画像」と検索するよりは、最初から画像のみに絞り込んで検索できた方が便利ですね。同じ原理で動画、ニュース、ニュース、ショッピング、リアルタイムなどがあり、Googleの場合は検索結果画面の左メニューから、Yahoo!Japanの場合は検索キーワード入力窓の上から選択できるようになっています。
バーティカル検索とSEO
バーティカル検索はユーザーが自分の求める結果にたどり着くための手段です。では我々WEBマスターとしてはバーティカル検索に対してどのように対応すべきでしょうか。基本的にはサイトの情報を適切に検索エンジンに伝えて、機会損失を防ぐというSEOの大前提に立ち戻ってください。つまり、バーティカル検索時にも検索結果に採用されるようにサイト内部を最適化することです。といっても基本は変わりません。以下を押さえておくことからはじめましょう。
1.画像のalt属性を適切に記述する
2.動画サイトマップを設置する
3.Google Shopping(グーグル・ショッピング)に登録する
4.Twitterアカウントを開設して、商品・サービス・業界に関するニュースを発信する
(広告ツイートは2割で十分)


ユニバーサル検索(Universal Search)とは、検索結果画面上でWEBサイトへのリンク以外の要素、例えば動画、画像、書籍、ブログ、ニュース、口コミ評価などを表示させるものです。バーティカル検索とは対象的に、検索エンジンによるコンテンツの提案といえるでしょう。
ユニバーサルサーチに対応するには
基本的に検索エンジンにサイト内の情報を適切に伝えるという前提はかわりません。以下の点に注意してください。
1.画像のalt属性を適切に記述する
2.動画サイトマップを設置する
3.構造化マークアップを使用する


リスティング(PPC)広告と自然検索(オーガニック)での上位表示を目指すSEOはよく比較されます。「どちらに予算をつぎ込むべきか」と悩むマーケティング担当者の方も多いのでは無いでしょうか。
商用サイトでは「PPCだけ」「SEOだけ」はどちらもナンセンス
結論から言ってしまうと、PPCとSEOを二者択一にしてしまう時点で間違いです。WEBサイトに対してSEM(Search Engine Marketing ≒ キーワードマーケティング)を考える上ではどちらも重要な施策ですし、相互に関係し合うべきです。同じキーワードマーケティングでも両者の性質は大きく異なります。
Google(Adwords)、Yahoo!Japan、Bing(Yahooリスティング、スポンサードサーチ)それぞれのユーザー特性を加味して考える必要があります。商品・サービスの特性に合わせてコスト配分を考えることはもちろん、SEOは時間かかる(「時間の概念」が存在するため)ことを加味して初期はリスティングに厚めに予算を投下しつつリンクビルディングを行う、などの工夫が必要です。
まずはPPCでキーワードを見極める
商品・サービスとキーワードのマッチングを確認し、効果測定の場とするには、すぐに開始できるPPCが最適でしょう。そこで成功した(コンバージョンが上がった)キーワードを中心にSEO用のサイト構成を考えていくことは常套手段といえます


SEOはよく内部対策と外部対策に大別される、と言われます。(最近はここにソーシャル・シグナルを加えてもいいかもしれません。)両者の意味合いとポイントを解説します。
内部対策とは
内部対策とはWEBサイト及びページのテーマ、コンテンツを検索エンジンに対して適切に伝達するための作業です。内部対策ができていなければいくら外部対策を施しても上位表示を望むのは困難です。概要は以下の通り。
1.サイト内各ページの目標キーワードとコンテンツを企画する
2.検索エンジンに正常にインデックスされる状態にする
3.各ページのテーマとコンテンツが検索エンジンに伝わるようにチューニングする
内部対策は順位を無理矢理向上させようとする作業ではありません。順位が上がらないからといって「サイトの修正でなんとか・・・」という状態になる可能性があり、いつの間にかスパム行為を行っていた、ということになりかねません。今の検索エンジンのアルゴリズムに対しては、下記が最も重要なポイントです。
1.他に無い内容のサイト、ページであること
2.過剰なキーワードの盛り込み、隠しテキストなどが無く、自然な内容であること

外部対策とは
外部対策とは自サイトに対する外部リンクを集めるための施策のことを指します。ロボット型検索エンジン、特にGoogleはWEBサイトに対するリンクを選挙で言う「票」に見立て、多くのリンク・質の高いリンクを集めているサイトこそが人気のサイトだ、という考え方の元アルゴリズムを構築してきました。進化の過程で複雑性は増してきているものの、外部リンクがSEO上重要なポイントであることは今も変わりません。
内部対策と比較して、外部対策はWEBマスターやSEO業者によってその基本方針、対策内容に大きな差が出ます。(ホワイトハットとブラックハット)まずは基本的な考え方を身につけて、少なくとも周りに流されず自社に最も適した施策を選択できるようになるべきでしょう。

内部対策と外部対策が密接に関わり始めている
サイトのコンテンツと外部リンクの内容の関係が、上位表示に影響を与え始めているであろう現象が観測されています。その最たる例が共起語でしょう。
共起語とは、サイト内に記述している「目標キーワードと関係が深い単語」でリンクを設置することにより目標キーワードそのもので上位表示する、といった現象です。
これまでアンカーテキストを重点的に拠り所としていた検索エンジンが、リンク元・リンク元それぞれのコンテンツの関連性を重視し始めていることの現れです。


ホワイトハットとは
ホワイトハットSEOとは、いわゆるスパムに該当しない、逆を言うと検索エンジンが推奨する方法でのみ対策を施すことです。
ブラックハットとは
ブラックハットWEBマスターの基本発想は「検索エンジンの裏をついてでも上位表示したい」。徹底的な自作自演リンクで上位表示を実現。場合によってはウルトラCの裏技で一夜にして10位以内も夢ではありません。
これまでGoogleはこうしたWEBマスターに対して非常に寛容でした。「意味のないリンクは無視する」だけだったからです。しかし、2011年初頭よりGoogleがバックリンクに対するペナルティを本格的に導入したことにより、ある日突然検索結果からいなくなるリスクを抱えることになりました。
基本はホワイトハットであるべきでしょう。何しろ過剰な自作自演リンクには「ある日突然検索結果からいなくなるリスク」がつきまとうのですから。せっかく作った愛情あるサイトや、コスト大量に投下した大型サイトがペナルティを受けるのは本当に辛いものです。
さりとて、上位表示を放棄するわけではありません。そして、ブラックハットな施策により想定のリスクを犯さずとも、それは可能です。そのためのポイントは以下の通りです。
1.上位表示しやすいキーワードをたくさん見つける
2.サイト内全ページをSEO対象ページに設定する
3.他のサイトには無いテーマ・コンテンツで記事を書く
4.ソーシャルプラグインを設置して口コミを呼び込む
5.無料のリンクを(控えめに)使う


インスタントプレビュー(Google Instant Preview)とは、Googleにおける検索機能のひとつで、検索結果画面の虫眼鏡にマウスカーソルを合わせることで検索結果画面上でクリック先のページをプレビューすることができる、というものです。検索クエリにマッチしたコンテンツ部分はハイライト表示されます。FLASHサイトにも対応しています。
このインスタントプレビューがSEOに与える影響は軽微なものにとどまる、という見方が大半です。(サイト内全ページでファーストビューを強化すべきという考え方はあると思いますが、これはSEOというよりサイト制作の基本ですね)
しかし、AdWordsの出稿を行っている方は注意が必要です。上のキャプチャー画像を御覧いただくと分かる通り、プレビュー時には見事に広告が隠れてしまいます。相対的にAdWords一位及び二位表示の価値が上昇したと言えると思います。


オートコンプリートとは、検索窓にキーワードを入力するとGoogleがそれまでに蓄積した履歴から同時に用いられる複合語をヒントとして表示してくれる機能です。
インスタント検索(Instant Search)とは、オートコンプリートと連動して検索結果ページをリアルタイムに表示してくれる機能です。
オートコンプリート&インスタント検索で何が変わった?
見た目・操作感のインパクトは相当なものがありますし、技術的にはかなり高度なバックボーンを持っていることもあって鳴物入りで登場したオートコンプリート&インスタント検索ですが、今のところ意外と軽微な影響しか発生していないといわれています。
インスタント検索の導入でテールワードでのSEOが非常に不利になる(複合ワードの時に先に入力した1単語目での結果を見てクリックしてしまうため)とも言われていましたが、そうとも言い切れないようです。テールワードにおいては下位表示でも流入が見込めるため、引き続き出来る限り間口を広げておくべきです。


一定数の知名度を得ているキーワードでは一位表示が圧倒的にな指示を受けているのは当然として、テールワードでは比較的下位表示でもある程度のCTRが見込めるるようです。インスタント検索が導入されてもロングテールは死なないということは確かでしょう。


QDF(Query Deserves Freshness)とは、Googleが採用しているアルゴリズムで、話題性のある情報やニュースを上位表示させようとするGoogleのアルゴリズムのことです。このアルゴリズムによる作用は一時的なもので、一定時間を過ぎると順位は下落します。
急激なリンクの増加やソーシャル・シグナルがトリガーになる
QDFのトリガーとしてはプレスリリースの配信による急激なリンクの増加やTwitterやはてなブックマークに代表されるソーシャルブックマークの拡散によるソーシャル・シグナルがトリガーになるケースが多いです。
パーソナライズド検索との複合でチャンスが
先にお伝えした通りQDFの恩恵により一時的に上位表示した後しばらくすると順位は大幅に下落します。しかし、パーソナライズド検索の効果により、閲覧の履歴があるユーザーに対しては上位表示し続ける、といった可能性も十分にあります。
そういったユーザーの再訪に備えてさらに有益なコンテンツを提供できれば、固定ファンになってもらえる可能性は高いでしょう。
QDFを味方に付けることによって、被リンクが少ない新規サイトも検索結果画面での露出を増やすことができます。これからサイト制作を考えている方は、ブログなど最新情報を常に提供できるコンテンツを用意するべきです。


QDD(Query Deserves Diversity)とは、検索結果の1位に対して2位以降には出来る限り多様なコンテンツを表示しようとするGoogleのアルゴリズムです。
以下の「ココア」に関する検索結果が分かりやすいでしょう。
一位にはWikipedia。「ココア」で検索する人は主原料や成分について知りたい人が多いでしょうから、これは納得ですね。
そして二位には森永製菓。ココアの粉製品にかけては老舗です。
QDDが生きていると感じるのは、三位の「ミラココア」(ダイハツの自動車)、六位のMy cocoa OCNマイポケット(OCNのファイル共有サービス)、七位のおねだりココア(ケータイゲーム)などでしょう。
「ココア」と検索するユーザーの誰もがカカオを主原料とした茶色い粉末を連想する訳ではありません。検索エンジンは多様なユーザーの多様なニーズに出来る限り応えようとしているのです。
QDDによって生まれるチャンス
狙ってやるのは難しいことも多いですが、QDDはSEOに応用することも可能です。
例えば、一見上位表示が不可能に見える超ビッグキーワードでも、中には検索結果に多様性が見られないものがあります。こうしたキーワードに対して、既存のサイトとは異なる切り口でコンテンツを用意することによって、信じられないくらい少ない外部リンクでも上位表示することがあります。


バナースペース

SEO支援機構

〒123-0841
東京都足立区西新井6-18-17旭ビル3F

TEL 03-3896-1933
FAX 03-3896-1958